平成29年2月1日~3日にパシフィコ横浜で開催された「テクニカルショウヨコハマ2017」に出展しました。2013年に出展してから5度目の出展となり、産業技術短期大学校の教育訓練の内容や専任講師の研究、企業人材の育成等について紹介し、産業技術短期大学校の支援と推進協議会の広報を行いました。

2月2日には、ランドマークタワー会議室で「推進協議会第3回理事会」が開催され、理事会終了後に、会長、副会長、理事、校長らでテクニカルショウを視察しました。推進協議会会員企業様も19社出展しており、各出展ブースをご訪問させていただきました。
以下写真は、テクニカルショウヨコハマ2017の出展風景です。

テクニカルショウ2017風景 テクニカルショウ2017風景

テクニカルショウ2017風景 テクニカルショウ2017風景

また、産学連携ワークショップにおいて、神奈川県立産業技術短期大学校 電子情報課  安田 洋司 技師より、自身の研究テーマである『物理気相成長法による光触媒薄膜作成技術の開発』について、 良好な光触媒反応を示す酸化チタン膜の成膜技術に関し、スパッタ法および蒸着法を用いた検討概要を報告しました。

テクニカルショウ2017風景 テクニカルショウ2017風景

以上、推進協議会出展ブース及び、産学連携ワークショップへのご来場、ありがとうございました。